体験談

お金もないのに、8年ローンを組んで買った憧れのスポーツカーを納車翌日に盗まれ、バラバラに解体され、その借金返済に追われて、自分の生き方まで追い詰めた話

社会人になって1年目、8年のローンを組んで車を買った

憧れのスポーツカー、スバルのインプレッサWRX STI 派手なブルーのカラーリングに、金メッキのホイール、スポーツカーらしいリアウィング

「最高にかっこいい!どうだ、いいだろぉ?羨ましいだろぉ?」

通行人の目線を気にしながら、軽快に走り抜ける。

その車が、翌日消えた・・・。

 

将来はマニュアル操作の車に乗る!

子供の頃から、車に乗るのが好きだった。

家族で乗る車が、そもそもおかしかったんです。

それは、ファミリーカーじゃなかったから。

日産のダットサン ピックアップトラック 。もう今は無くなってしまったけど、実家に鉄工所で作った薪ストーブがあって、その焚木を運搬するためでした。

僕は、そんな変わった車の助手席にちょこんと座り、父親のギアチェンジを見るのが好きな少年でした。

いまは、オートで走る車が多いけど、昔はマニュアル操作の車がたくさんあった。

大きくなったら、将来はマニュアル操作の車に乗る!それが夢だった。

 

これからの人生最高だなぁ

大学生になり、免許を取ると、中古のスポーツカーを買った。

白いホンダのシビックSiR。

中古でもスポーツカーは人気が高く、ボロボロで10万キロ近くの走行距離を走っていても、すごく高かった印象があります。

アクセルを踏むと、ものすごい加速感に興奮した。 バイト代もすべて車に注ぎ込み、大学生活のほとんど、車の事ばかりで頭がいっぱいでした。

卒業して、社会人1年目、昔から憧れていたスポーツカーを買うことに決めていました。

「これから働くんだし、給料も上がっていく事だし、ローンは返せるだろう」

何か計算したわけでもなく、それは、勝手な思い込みでした。

自動車ディーラーに行って、試乗。ハンドルを握り、アクセルを踏んだ瞬間、ものすごい優越感にひたり、

「こんな車が手に入ったら、これからの人生最高だなぁ」そんな事を思いました。

毎日、毎日、車のカタログをみてはニヤニヤしてました。

「人生に一度はいいよね!」と、勝手に言い聞かせて。

納車日、自動車ディーラーの営業マンからは「こんな若い人が、こんな車買って良いのか?」という、心配の目つきもされたかと思います。

憧れのスポーツカー、スバルのインプレッサWRX STI 派手なブルーのカラーリングに、金メッキのホイール、スポーツカーらしいリアウィング。

最高にかっこよかった。

 

翌日、車が消えた。

購入した翌日、買ったばかりの新車が消えました・・。

実家の目の前に停めていて、人通りのある道路の真横なのに。しかも、昨日買ったばかりなのに、なぜ・・。

頭の中が真っ白になりました。この世の終わり。

「すぐに警察呼んで!!!」

警察を呼んで事情聴取をするものの、この手の犯行は「プロ」だから、車が出てくるかわかりませんよ。って言われて。さらにショックでした。

前日の夜は、春の嵐のような日で、出歩く人も少なかった。

そういう日を狙ったんでしょう。ディーラーに通ってる間にすでに尾行されてたとも言われて、恐ろしくなりました。

世間を知らなさ過ぎる若者が、意気揚々とスポーツカーを買い、それを、ずっと犯行グループが後をつけてたなんて。

 

3日後、バラバラ死体で見つかる

それから、3日後、警察から連絡が入ります。「車見つかりましたので、現場確認に行ってください」って

それは、数十キロ離れた他県で見つかりました。

「で?車はどうなってますか?」

「かなり酷い状態みたいですね・・。」

もう、行くのすら恐ろしくなった。

雑木林のなかで車は見つかった。

それは「車」とは言えない姿で。

タイヤは無い、シートはない、エンジンはない、走ることなんて無理。

コンクリートブロックの上に乗せられた状態で

まさに、「バラバラ殺人事件」

ナンバーも取られた。盗まれたナンバーは犯罪に使われるそうで、裏社会で売買がされるようです。

現場検証のため、警察の乾式の方が、指紋採取の銀色のスプレーを車にかけまくるし、

もうひどい状態です。

自動車ディーラーの人に引き取りに来てもらいましたが、「やられましたかぁ」って。

なんか日常茶飯事みたいな感じでした。

 

更に保険屋が追い打ちをかける

自動車保険、盗難補償、しかも車両保険のつく高いものに入っていたから、とうぜん、新車と交換できると思っていた。

翌日に盗まれたわけだから新車と交換でしょ?縁起悪いし。

「修理で対応します!」

「新車と交換はできません!」

保険会社は、

新車を購入するより、その盗まれて、バラバラになった車に、再度部品を取り付けた方が安く出来ると判断したようで、

お客さんの思いとか関係なく、保険会社の利益、損得勘定でしか動かないんだとよく分かりました。

悲しい・・。

 

その車のために、生活が苦しくなっていく

その後も修理した車を乗り続けたわけですが、何度か転職し、そのたびに給料は減っていきました。

スポーツカーは維持費が高いです。

燃費は悪いし、ガソリンはハイオクで、レギュラーガソリンの1.5倍くらいします。

地元から離れ、愛知県の工業地域で一人暮らしをしていたため、家賃にも。

転職した先の会社で最初は払ってくれる話だったのですが、途中から「払えない」と言われ、どんどん生活が苦しくなっていきました。

ガソリン代、ローン返済、アパートの家賃。

働いているのに、「お金がない」と親にも言えず。ガソリン代が高くて、遠方への旅行にもいけないし。

それが、わかっていたのか、食料品などを親から仕送りしてもらっていました。

それでも、お金が足らず、ついに銀行口座に2000円しか無くなりました。

その原因は何だかわかっていました。そう、「あの青色のスポーツカー」です。

でも、自分の夢を手放すようで嫌だった。情けなかった。悔しかった。

 

320万円で買った車が、2年後に130万円

「もう生活ができない」「これじゃダメだ」と思った僕は、ついに車を手放そうと思いました。

買取店を、何件もまわり、車の査定をしてもらいました。「希少価値の高いクルマだから高く売れるだろうと」

でも、現実は違っていた。

2年しか経っていないし、事故もない、走行距離も少ないのに、提示された金額が130万円

320万円で買った車が、たった2年で半額以下。

車が、こんなにも価値がないものかと実感しました。

 

40万円のボロ車と、残り3年の自動車ローン

この車のために、毎日一生懸命働いて、ローンの返済をする。

その買った車は、お金を払っても払っても、価値が毎日下がっていく。

東京とか都会のように、交通手段は電車があれば良いという訳にはいきません。田舎は移動するためには車が必要です。

僕はそのスポーツカーを売って、さらに安い40万円のボロい中古車を買いました。

だから、残り90万円をローン返済に。それでも残り3年間のローン返済が残りました。

めちゃくちゃ情けなくなりました。

維持費は安くなったので、ローン返済をしながら、なんとか生活する事はできましたが、

まったく生活が楽しくなくなりました。それからどんどんと負のスパイラルに陥って行きました。

 

気持ちも、価値も下がった。物で得られる幸福は少ない。

「収入がないのに無理して車を買うのはやめましょう!」と言いたいです。

最近は、若い人の車離れが進んでいるって聞きますが、よい傾向じゃないかと思います。

「車は資産」とか言う人がいますが、車は完全に負債です。買ったその日からどんどん価値が下がっていきます。

イタリアの名車、フェラーリとか、希少価値が高くて値段があがるものもあるようですが、そんなの庶民が一生かかっても買えませんよね。

僕は、「一生に一度はいいよね」って無理して買って、盗まれて、借金が払えずに生活が苦しくなって、結局手放して。

車を買って得られたモノって何だったのか?

考えてみたら、一番気持ちが良かったのは、「納車された瞬間」だけで、あとはずっと下がっていった。

気持ちも、車の価値も下がっていった。

「若いし、払えるから大丈夫!」ではなくて、僕は若いうちに、もっと違うことにお金を使えばよかったと思って後悔しています。

物で得られる幸福って、本当少ないですよね。

もし、あなたも無理して買おうとしている物があったら、参考にしてみて下さい。僕のような人生を歩まない為にも。

 

もし、感想などありましたら、LINEへ、気軽にメッセージでも下さい。必ず返信します。

 

メルカリを「少しでも生活費の足しに」と始めた人へ。

僕が、メルカリを始めたきっかけは、「収入が少なくて生活が厳しかったからです」。でも、メルカリで売らなくても、毎月1〜2万円の収入を得られるって知っていますか?その秘密の方法をLINEで限定公開しています。さらにアンケートにお答え頂くと無料で10万円くらいの自己資金が得られるマニュアルをプレゼント!

知りたい方は、今すぐ下のバナーをクリック!